庭のある素敵な家

環境に適した植栽計画に、ご近所への配慮をプラスして

外構は家のイメージを左右する大切な要素。その中でも庭は、第二のリビングとしての役目を担うことも。
ウッドデッキを作る、タイルを貼ってテラスにする、それとも芝生にする?
庭の位置や使い方、メンテナンスなど多方面から検討したいものです。

では、庭にはどんな木を植えたら良いのでしょうか。
ご近所で見かけた好みの木が、あなたの庭にも向いているとは限りません。
成長速度や耐寒性、日照、通風など、その木の持つ特徴から植える環境に適したものを選びましょう。
特に住宅の密集した都会では、成長の遅い木を選んだほうが安心ですよ。

それからご近所への配慮も忘れずに。花粉や花びら、落ち葉など一年を通じてどんな様子か、植えてからも気に掛けておきたいものです。
ちょっとした気配りが、ご近所づきあいを円満にするポイントだったりしますから。

サブツリーや下草で、奥行きのある庭づくり

狭い庭でも高低差のある木を組み合わせて植えることで、遠近感が強調され奥行き感を演出できます。
ぜひメインとなるシンボルツリーが決まったら、サブツリーも選んでくださいね。
そして足元に下草を植えれば雰囲気がさらにアップ。下草は配色に気を付けて。
建物とのカラーコーディネートも考えた配色ならセンスが光りますよ。

また地植えだけでなく、鉢植えを組み合わせても素敵です。
鉢植えなら移動も可能なので、季節によって模様換え、なんてこともできますね。
レモンやユズ、ブルーベリーなどは鉢植えでも育てられ収穫も楽しめます。
料理が好きならローズマリーやタイムなどのハーブ類もおすすめ。

シンボルツリーとサブツリー、下草、そして鉢植えを上手く組み合わせて、素敵な庭を実現してくださいね。

新築一戸建ての場合、全国に多数の物件が存在し、価格やデザイン、間取りなど、様々な面が物件によって異なるため、十分に比較した上で選ぶことがポイントです。

© Copyright House Fast Leasing. All Rights Reserved.